オープンコレクタ出力

  オープンコレクタ出力で、フォトカプラ絶縁となっているものは、 USBインターフェイス回路と電気的に絶縁しています。
  オープンコレクタ出力は、ONにて導通、OFFにて非導通となり、接点出力とよく似ていますが、 接続にあたっては、次のような注意が必要です。

極性があります。

  0V(コモン)に対して、信号側が(+)側電圧となります。
間違って(-)電圧をかけた場合は、基板上の出力デバイスが壊れることがあります。

ONのとき

  最大出力電流に注意してください。(各基板の説明書に記述しています。)
ONのとき、信号出力側は 0.3V~0.8V 程度の電圧となります。0Vにはなりません。
最大出力電流をこえる電流を流した場合、信号出力側の電圧が上昇し、正常な動作を期待できなくなるばかりでなく、 フォトカプラの出力トランジスタの熱損失が増大して、デバイス破壊に至ることがあります。

OFFのとき

  最大電圧に注意してください。(各基板の説明書に記述しています。)
最大電圧を超える電圧をかけた場合、フォトカプラの出力トランジスタが壊れます。
  また、OFFのときでも、数μAの電流が流れます。たとえば100KΩの負荷抵抗を使用した場合、 周囲温度が高くなると、1V近い電圧ドロップが生じることがあります。従って、極端に高い抵抗値の負荷は使用できません。

    弊社製品の 2550/2570 では、
    +5V負荷の場合で、1KΩ~20KΩの抵抗値が適切です。

応答速度

  フォトカプラ出力は、OFF->ON のとき 10μs、 ON->OFF のとき 100μs程度の速度となります。 高速フォトカプラを使用している DACS-2570 では、0.5~3μsの応答速度となっています。 詳細は DACS-2570 の説明書を参照してください。

  このページに直接こられた方は、こちらをクリックして、
  ダックス技研株式会社 計測制御用電子機器のHOMEに移動してください。
  USB接続のDIO、計測ユニットなどDACS製品を掲載しています。

  その他の接続に関する一般的なご注意

 絶縁入出力    TTLレベル入出力信号    フォトMOSリレー 出力    USBケーブル接続
 ロータリーエンコーダとカウンタ

    ダックス技研株式会社     〒709-0721 岡山県赤磐市桜が丘東5-5-380

Copyright(C) DACS electronics