TOPへ

リモートIO カウンタ

3ch 32bit長 UP/DOWN エンコーダA/B相   接続長 MAX 150m

RM5500C-CNT   RM5500D-CNT-ISO(L)   RM5500D-CNT-ISO(H)   RM5500A-CNT

最長150mをLANケーブル1本で接続     離れた場所のエンコーダ信号カウントも簡単です

 リモートIO カウンタ RM5500C-CNT シリーズ は、
パソコンから送る簡単な文字列コマンドにて、
カウンタの制御とカウンタ値の読取りを行うユニットです。

RM5500C-CNT

カウンタユニット

RM5500D-CNT-ISO(L)

絶縁カウンタユニット

RM5500D-CNT-ISO(H)

絶縁高速カウンタユニット

RM5500A-CNT

カウンタ基板

 パソコンと接続するためには、別途、リモートIOインターフェイスBOXが必要です。 リモートIOシステム全体についてはこちらのページをご覧ください。

リモートIO カウンタユニット   TTL入出力

RM5500C-CNT

  入力 24bit + 出力 24bit
  5V系TTL および LVTTLに接続可能
  コンパクトなケース寸法
  100×65×35mm

24,300円 (税別) 納期 6日程度

■ RM5500C-CNT 取扱説明書

付属品

デジタル入出力機器接続用ケーブル 30cm 1本
ACアダプタ (+5V 1A) 1個    ■取扱説明書 1部
LANケーブルは付属しておりません。

リモートIO 絶縁カウンタユニット   フォトカプラ入出力

RM5500D
  -CNT-ISO(L)

  最高カウント周波数 5KHz

33,800円 (税別) 納期 7日程度


RM5500D-CNT-ISO(H)

  最高カウント周波数 6MHz
  コンパクトなケース寸法 100×65×35mm

39,000円 (税別) 納期 7日程度

■ RM5500D-ISO 取扱説明書

付属品

デジタル入出力機器接続用ケーブル 30cm 1本
ACアダプタ (+5V 1A) 1個    ■取扱説明書 1部
LANケーブルは付属していません。

リモートIO カウンタ基板

RM5500A-CNT

  5V系TTLおよびLVTTLに接続可能
  コンパクトな基板寸法 94×55mm
  ケース入りの RM5500C-CNT と
  同じ機能です。

19,000円 (税別) 納期 6日程度

■ RM5500A-CNT 取扱説明書

**** 入出力機器接続用ケーブル脱着時の注意 ****

付属品

デジタル入出力機器接続用ケーブル 30cm 1本
電源(+5V)入力用3Pコネクタ付ケーブル 1本
   30cm片側は解放端
取扱説明書 1部
基板単体製品にACアダプタは付属していません
LANケーブルは付属していません。

別売品 (オプション部品) については、こちらをご覧ください。

購入後すぐに役立つ カウンタ計測ソフト CPR300

 RM5500C-CNT、RM5500A-CNT および RM5500D-CNT-ISO には、32bit長のカウンタ3個を内蔵しています。 各カウンタは、カウントクロックとカウント方向入力によるUP/DOWNカウントのほか、 エンコーダA相/B相信号によるカウントも可能です。 このうち1個のカウンタには、パルス幅、パルス周期を読取る機能もあります。 また、入力フィルタリング機能により、カウント入力信号にリンギングとかチャタリングがあった場合でも、 任意のフィルタ時間設定で、これらの影響を除去して、正確なカウントができるようになっています。

RM5500C-CNT  RM5500A-CNT 機能概要

 5V系および3.3V系TTL入出力に接続できます。

カウンタ個数
カウンタビット長
動作モード


入力最高周波数

その他の機能





基準クロック出力

3個
各32bit
エンコーダ信号A/B相入力モード
UP/DOWNカウントモード
パルス周期および幅計測モード (1カウンタのみ)
エンコーダ信号 A/B相入力モード 3MHz
UP/DOWNカウントモード 6MHz
最終カウント値指定可能
分周パルス出力機能あり(TTL出力)
エンコーダZ相による原点設定 (2015年8月追加)
カウント入力フィルタリング機能
   フィルタ設定範囲 1μs--16ms
入力極性設定
基準クロック出力 1MHz
周波数計測ゲート信号用 0.5Hz
テスト用 A/B相信号出力 1KHz
いずれも TTL出力
各出力の周波数確度
   ±0.01%(0~50℃ ±100ppm)
周波数確度 ±10ppm以内をご要望の場合は、
弊社営業担当までお問合せください。

    カウンタのご使用前に、こちらの解説(FRQ)がお役に立ちます

絶縁カウンタユニット RM5500D-CNT-ISO (L) 仕様概要
 RM5500D-CNT-ISO(L) は、デジタル入出力をフォトカプラにより絶縁。 出力はすべてオープンコレクタ。入力は接点またはオープンコレクタ信号を接続できます。 下表の機能以外は、RM5500C-CNT と同じです。

入力最高周波数

基準クロック出力

エンコーダ信号 A/B相入力モード 5KHz
UP/DOWNカウントモード 5KHz
周波数計測ゲート信号用 0.5Hz オープンコレクタ
テスト用 A/B相信号出力 1KHz オープンコレクタ
* 基準クロック出力(1MHz)は使用できません

絶縁高速カウンタユニット RM5500D-CNT-ISO (H) 仕様概要
 RM5500D-CNT-ISO(H) は、デジタル入力を高速フォトカプラにより絶縁。 出力はフォトカプラ絶縁のオープンコレクタ。入力は接点またはオープンコレクタ信号を接続できます。
 下表の機能以外は、RM5500C-CNT と同じです。

入力最高周波数
基準クロック出力

RM5500C-CNT と同じ 6MHz (A/B相 3MHz)
周波数計測ゲート信号用 0.5Hz オープンコレクタ
テスト用 A/B相信号出力 1KHz オープンコレクタ
基準クロック出力 1MHz オープンコレクタ
テスト用 B相信号出力 1MHz オープンコレクタ
    * 基準クロックと90deg.位相差信号
デジタル出力 オーブンコレクタ 12点

■文字列による容易な操作が特長です。

サンプルプログラム / デバイスドライバ はダウンロードのページへ

■カウンタ機能テスト用Windows版サンプルプログラム
  ソースファイル(VC6,VB6)と実行ファイルを添付

■デバイスドライバ対応OS

Windows 10, 8(8.1), 7(64/32bit), Vista, Xp

■ラズベリーパイ (Raspberry Pi) での動作情報   詳細はこちら

 Copyright(C) DACS electronics

 ■ご注文方法  ■Q&A営業編  ■Q&A技術編  ■製品サポートと保証条件  ■Technical Report

 
DACS electronics  OKAYAMA JAPAN

営業窓口 

 
ダックス技研株式会社     〒709-0721 岡山県赤磐市桜が丘東5-5-380
 
TEL  FAX