ネットワーク・プログラミングについて
 

ネットワーク・プログラミングは意外とSimpleです

  ネットワーク・プログラミングというと、すごく難しいように思われがちですが、弊社のデジタル入出力機能を動作させる場合は、単純な文字列のハンドシェイクですので、ファイルデータの Read/Write と同じような感覚でプログラミングができます。

本ページは、弊社ネットワーク製品 DACS-9600KWF に限定して、VisualStudio でのプログラミングを解説しています。

  ・ネットワークへ接続 --- ここは少々やっかいです。サンプルプログラムを参照してください。
  ・データ送信 --- write または send の1行で簡単
  ・データ受信 --- read または recv の1行で簡単
  ・ネットワークから切断 --- 2行程で簡単

準備するのは

  C++ では winsock.h を include します。
  C# では NET Framework 2.0 以上が必要です。
  すなわち、VisualStudio をインストールしているWindowsパソコンであれば、なにも準備する必要はありません。USBデバイスのように、専用のデバイスドライバをインストールする必要もありません。


C++ の記述例

  接続

  以下の例は、サンプルプログラムの一部を取出して、手順のみを示しています。 エラー処理を含めた、実際のプログラミングは、 DACS-9600KWFのサンプルプログラムをダウンロード し、フォルダー dacs9600KWF_DIO\D96KWFDIO_VC2015sample にあるソースファイルをご覧ください。

  上記はホスト名を指定した例です。名前解決のため hostsファイルに名前とIPアドレスの登録をするなどが必要です。

    直接IPアドレスで接続する例は こちらへ

    複数のDACS-9600KWFデバイスを接続する例はこちらへ

  送信

    send(sock, data, datacnt, 0);

  受信

    rxSize = recv(sock, data, 16000, 0);
            rxSize に受信バイト数   (注)受信データなしのときは -1

  切断

    closesocket(sock);
    WSACleanup();


C# の記述例

    ダウンロードページからISO(またはZIP)ファイルをダウンロードし、
フォルダー dacs9600KWF_DIO\D96KWFDIO_CS2015sample\D96KWFDIO_CS にあるソースファイルをご覧ください。


お客様が作成されるプログラムに関するご質問をいただきましてもお応えできません。

(完)

  このページに直接こられた方は、こちらをクリックして、
  ダックス技研株式会社 計測制御用電子機器のHOMEに移動してください。
  USB接続のDIO、計測ユニットなどDACS製品を掲載しています。

    ダックス技研株式会社     〒709-0721 岡山県赤磐市桜が丘東5-5-380

Copyright(C) DACS electronics