Python言語で
DACSのWi-Fi機器(DACS-9600KWF)を操作 その2
カウンタ用サンプルプログラム

  Python の動作環境を準備してください。 対象となるバージョンは 3.9 です(2021年1月時点)。

  DACS-9600KWFシリーズのデバイスが接続できている環境があるものとします。 接続ができていない場合は、こちらをご覧いただいて仮接続を行ってください。-- DACS-6900KWF Wi-Fi仮接続

カウンタ用サンプルプログラムの準備

  こちらをダウンロードしてください -- Python Wi-Fi接続カウンタ用サンプルプログラム(3KB)
  解凍して、サンプルプログラム d96wfcnt.py を適当なフォルダに格納します。

  (動作条件) DACS-9600KWF-CNT シリーズを対象としています。

Python でDACS-9600KWF-CNT カウンタデバイスを操作

  サンプルプログラム d96wfcnt.py の d96wfIPadd = '192.168.0.40' 行の IPアドレス指定を、デバイスに設定しているIPアドレスに変更してください。
  0x2616 はソケット番号です。このまま変更しないでください。

  コマンドプロンプトを開いて、ディレクトリを d96wfcnt.py のあるフォルダに移動し、 d96wfcnt.py と入力してサンプルを実行します。 これで、DACS-9600KWF-CNT機器とデータの送受信ができるようになります。
  デバイスと接続できると、3個すべてのカウンタにカウント開始コマンドを送信し、カウントを開始します。その後、連続してカウンタ値の読取りを実行し画面に表示します。
  表示しているのは、0番から2番までのカウンタ値と0番から2番までのホールド値です。

  W0000000 などのコマンド文字列を入力し enter を押すと、 デバイスにコマンドを送信し、デバイスからの応答を表示して後、再び連続してカウンタ値の読取りを実行します。

  例えば M018 と入力し enter を押すと、0番カウンタをエンコーダモードにすることができます。

  enter のみを押すと、プログラムを終了します。

  処理内容の詳細は、
    プログラムに詳しく注釈を記述していますので、そちらをご覧ください。

(完)

  このページに直接こられた方は、こちらをクリックして、
  ダックス技研株式会社 計測制御用電子機器のHOMEに移動してください。
  USB接続のDIO、計測ユニットなどDACS製品を掲載しています。

    ダックス技研株式会社     〒709-0721 岡山県赤磐市桜が丘東5-5-380

Copyright(C) DACS electronics