計測制御用途の息の長い電子機器作りをめざします
 
   

 Digital Automatic Control System
 

 RS422差動入力 絶縁アダプタ

    接続長 最大50mの差動入力 12bit
    5V系TTL出力 24bit

      DACS-2422   DACS-2422T


高速絶縁ICを使用した RS422差動絶縁入力と 5V系絶縁デジタル出力

 
 DACS-2422 は、ロータリーエンコーダなどが出力するRS422差動信号を、カウンタ基板 DACS-2500K-CNT シリーズに接続するための絶縁アダプタ基板です。

 本アダプタ基板は、本体基板と同時にご注文いただいた場合、 および保守交換用として販売しています。

 

RS422差動入力絶縁アダプタ基板
DACS-2422

DACS-2500K-SCNT と DACS-2422 の接続例

 2基板をABS樹脂ケースに組込んだ
カウンタユニット DACS-2500KD-SCNT-422 は
こちらのページをご覧ください。

RS422差動入力に終端抵抗(120Ω)を内蔵したタイプと、差動入力に終端抵抗を接続していない2種類のタイプがあります。


 
RS422配線概念図     6MHz伝送時 最大ケーブル長は 50m が目安 (cat-5eケーブル使用例)


レシーバ側に他のコントローラが接続されていて、終端抵抗が既設の場合は DACS-2422 を使用
 

RS422差動入力絶縁アダプタ基板

DACS-2422   終端抵抗なし

標準価格 11,500円 (税別) 納期 1個6日程度

DACS-2422T   終端抵抗(120Ω)内蔵タイプ

標準価格 11,800円 (税別) 納期 1個6日程度

 

付属品

■電源接続用ケーブル(15cm) 1本

  小さな添付品を必ずご確認ください。

DACS-2500Kシリーズなどとの信号接続用ケーブルは基板に固定しています。

入出力機器接続用ケーブルは付属しておりません。 DACS-2500Kシリーズなどに標準添付の入出力機器接続用ケーブルが使用できます。

マニュアルはダウンロードにて。 印刷物の添付はありません。

 

 

■DACS-2422取扱説明書

 

絶縁側入出力信号仕様

 差動入力12bitとデジタル出力24bitのコモン(0V)は共通です。

入力信号 高速RS422差動絶縁入力 12bit

入力電流 最大0.25mA (5V入力時)
応答速度 0.1μs以内
コモンモード電圧
    ±7V以内(推奨)
    ±20V(許容最大値)
しきい値 ±0.2V(最大値)

出力信号 5V系TTL 高速絶縁出力 24bit

出力電圧
    Low 0.4V (MAX)
    High 4.5V (4mA出力での最低値)
最大許容電流 8mA
出力抵抗 50Ω
応答速度 1μs以内

 
 カウンタ基板 DACS-2500K-SCNT と DACS-2422 を接続した場合、 DACS-2422 が3ch分(12bit)の差動入力ですので、DACS-2500K-SCNT の6chのうち、 3ch分のみを使用することになります。
 6ch動作とするためには、アダプタ基板 DACS-2422 を2枚(2段重ねにて)接続することになりますが、 このためには、DACS-2422 のコネクタ変更と、 デジタル入力12bitをクロスさせた特別な接続ケーブルが必要となります。
 差動入力で6chのカウンタ動作をご要望の場合は、営業までお問合せください。


 
    DACS electronics     ダックス技研株式会社

 Copyright(C) DACS electronics